FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

予測外傷

2011.05.28 (Sat)

ラグビーの試合に行って来ました。
試合前です。
試合前甲南

この試合前では、
激しい試合を予想も出来ないと思います。
しかし、一端試合が始まると、
やはりラグビーは激しいものがあります。
甲南ー灘

二人がかりのタックルです。
甲南のタックル

これだけ激しいコンタクトのあるスポーツ、
怪我が発生するのも当然と思います。

試合前には、
怪我の予防のためテーピングをされたり、
負傷した箇所を再度負傷しないための、普段の筋力トレーニング、
関節の動きを良くし、柔軟性を付けるストレッチ、
みなさん怪我の予防を必死でされていると思います。

私も試合前にはテーピングをしたり、
関節の動きを良くするためのアプローチ、
これらをしますが、
試合に入ると、怪我を待っている訳ではないんですが、
外傷の予測をして行くようにしています。
今のプレーではACL断裂、
タックルを行った際、ジャージをつかみ、
上肢が後方に行ってしまい、
体が残っている場合には肩関節脱臼、
まだまだいろいろな外傷の仕方がありますが、
これらを咄嗟に診て、
その怪我の可能性を咄嗟に判断するようにしています。
もちろん怪我が発症する時も、
別に何の外傷も異常も無い場合の方が多いです。
しかし、これらを意識して診るのと診ないのでは、
選手が我々に対する信用が全く違って来ると思います。

こうして出来るだけ上記している事を意識してるんですが、
ちょっと油断すると、
どうしてもゲームに意識が行ってしまう時があります。
いつも反省の連続です。

名神豊中ローリング健康センター
http://www.toyonaka-rolling.com/
スポンサーサイト



16:12  |  スポーツ障害  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://kouzushima.blog66.fc2.com/tb.php/630-adb46725

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |