09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

ちょっとした差

2011.09.10 (Sat)

ラグビーをされている方の腰です。

少し動きが悪くなっておられます。
この場合、右膝がベットに着くくらいでなければいけません!
右回旋時の腰治療前

治療後です。
ベットに膝が着きます。
(写真では分かりにくいですが)
右回旋時治療後

股関節の屈曲です。
鼠蹊部にしっかりとした力が入りにくく、
背中でも負担がかかっているのが分かると思います。
背中に力を入れるため、
肘にも力が入っているのが分かります。
屈曲時治療前

最近、ラグビーやサッカーをされている方で、
鼠蹊部が痛いと言ってこられる方が多いです。
サッカーの場合はすべてのポジションでボールを蹴ります。
鼠蹊部に負担がかかり痛みが出て来るのは分かります。
ところがラグビーの選手でFWの選手でも鼠蹊部に痛みを訴える方も多々おられます。
ラグビーの選手でもBK、
とくにSOの選手でこの痛みを訴える方が多かったですが、
最近ではポジションに関係なように思えます。
ここで私が思うのは、
やはり全体のバランスの崩れが鼠蹊部の痛みを作る!
ボールを蹴るだけが原因では無いと思います。

治療後です。
屈曲時治療後

大腿部が治療前よいも上がっています。
背中にも余分な力が抜け、
肘の屈曲もだいぶとマシになっています。

治療前と治療後ですが、
特別な痛みが無いため、
劇的な動きな変化は無いかも知れませんが、
このちょっとした動きの差、
私はここと言う勝負の時、
この差が一点、二点と言う差で出て来ると思います。
アスリートの方はとくに思いますが、
痛みが取れれば通院を怠る方が多いです。
でも治療家、トレーナーの立場から言わして頂くと、
痛みだけでなく、
このちょっとした動きの差、
これが勝負に関わって来ます。
痛みだけでなく、
我々の治療も勝負にとって重要なものと考えて頂きたい!
私も選手を治療している際、
選手とも勝負をしていますし、
試合の事を考えても仕事(治療)をしております。

名神豊中ローリング健康センター
http://www.toyonaka-rolling.com/
スポンサーサイト
11:57  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://kouzushima.blog66.fc2.com/tb.php/656-491a168f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |