FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

つまり

2012.01.28 (Sat)

よくマッサージなどをしてもらうと、
「つまっているな~」と言われることがあると思います。
このつまりに対して、
私の考え方を少し書きたいと思います。

下の写真をラグビー選手の大腿部外側部のつまりを取っています。
平瀬選手治療

大腿部外側部はストレッチもしにく所です。
念入りに施術しますが、
やり過ぎは厳禁です。

足の末梢を治療します。
平瀬さんの抹消を治療

もちろん末梢もつまって来ます。
また、末梢の施術を行うことで、
滞っていた血液がスムーズ!と言うより、
渋滞が緩和した高速道路のように、
車(血液)が加速して流れて行きます。

下腿部のつまりを施術しています。
吉岡さんのふくらはぎを治療

ふくらはぎを施術しつまりを取ることで、
体全身がリラックスします。
もちろんハムストリングスも治療しております。
私自信の経験上、ハムの治療の方が体全身はほぐれると思います。

ここで私が考えるつまりですが、
このつまっている所は下の写真のようになっていると思います。
異常な赤血球

赤血球の役割が出来にくくなる

この異常な赤血球の状態では、
赤血球の本来の役割が怠って来ると思います。
酸素運搬がスムーズに出来ない!
となれば赤血球は何とか酸素を取り込もうとします。
すると呼吸で言えば過呼吸に成り易くなると思います。
また栄養の運搬もスムーズに出来ない!
スムーズに栄養素が運べないため、
何とか筋肉に栄養を送ろうとし、
必要以上に食事を取る!
これらの状態が続くと筋肉事態が酸欠、
栄養素が上手く吸収出来ないため、
車で言うとガス欠、
こう言う筋肉は何とか酸素、栄養素を吸収しようとするための反応、
痙攣を起こしやすくなる、
いわゆる筋肉がつり易くなる、
また、写真では赤血球だけですが、
これは白血球にも言えることだと思います。

下の写真は私が保有している血管美人です。
血管美人

これを観察していると、
ストレスやプレッシャーが加わる事により、
赤血球は赤血球、白血球は白血球同士でくっついて行く要素があるように思えます。
(血管美人では血小板は見えません)
そうすると、白血球自体の役割の低下、
また安保教授が提唱されている自律神経白血球支配、
ストレスを受けることにより、
顆粒球過多、リンパ球の減少、
この時の白血球は白血球同士でくっついて行っているのでは!
と私は考えています。

つまりの治療に対して、
私の考えを書きましたが、
アスリートの場合、
これらの事を一言で言えば、
必ずパフォーマンスは下がる!
アスリートの場合試合前、
筋肉を伸ばすストレッチを重視されると思いますが、
このようにつまりを取ることも私は非常に大事と考えています。

治療をした翌日の試合です。
スクラム

ドコモのモール

自分が治療をした選手、
とくに気になるものです。

今日は気温が低く、
雪が残っていました。
雪の秩父宮

朝、ホテルの部屋から撮ったものです。
東京のど真ん中ですが、
朝焼けが綺麗でした。
ホテルの部屋から見た朝焼け

今回、こうして普段普通にやっていることですが、
やはり一つ一つの治療に対し、
意味を持つ!
非常に大事と思いました。

名神豊中ローリング健康センター
http://www.toyonaka-rolling.com/
スポンサーサイト



22:31  |  トレーナー活動  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://kouzushima.blog66.fc2.com/tb.php/673-a1db6ce8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |