07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

泣くこと

2014.09.16 (Tue)

ほんとううにつらいとき、人はどうするでしょうか
ただただ、涙を流して泣くしかありません

しかし、涙を流したあとはどうでしょうか
不思議なことに、頭もすっきりして、つらいことも忘れる気がします

人生には、無理をして笑うよりも泣いてしまったほうが楽、ということも多いのです

楽しく笑ったときも体にとっていい作用が起こります
しかし、涙を流して泣くことに対しても、同じ作用があります

それも、病気が重い人ほど変化が大きいことが分かっています

「涙を流して泣く実験」
      日本医科大学教授・吉野愼一教授

関節リウマチの患者さん20人と、健康な人20人
患者さんグループをさらに2グループに分け

炎症程度を示すCRP値を基準にして、病気の重い人10人
比較的軽い人10人に分けました

採血により、次のような体内物質を測定しました

○副腎皮質から分泌されるコルチゾール(別名・ストレスホルモン)

○CD/CD8比(免疫機能が亢進しているかどうかをみる)

○インターロイキンー6の値(炎症を憎悪させるサイトカイン)

○ナチュラルキラー細胞の活性値

実験、、ある落語家さんに人情噺をしてもらい
参加した皆さんに、ただただ涙、涙で聞き入ってもらうものでした

※実験の結果

○コルチゾール
   病気の思いグループでは、はっきり値が下がっていました
   
   病気の軽いグループでは、少し下がったのですが   
   統計学的に認められるような下がり方は見られませんでした

○CD/CD8比やナチュラルキラー細胞の活性値も、重症グループでは変化し
   軽症グループではほとんど変化は見られませんでした

○インターロイキンー6の値も、重症グループでは、明らかな低下が見られ
   軽症グループでは、ほとんど変わりませんでした

なお、健康な人のグループでは、どの値もまったく変化が現れないという結果がでました

涙を流して泣くことは、楽しく笑ったときと同じような作用を起こし
それも病気が重い人ほど変化が大きいことが分かりました

また、人情噺を聞いて感動はしたけれど涙は出なかった、という人がいました
涙が出なかった人は、関節リウマチが重い患者さんに多く見られました

病気が重い人ほど、人に涙を見せないほどのこだわりがあるかもしれません
これは、はっきりした理由は分かりません

以上のことから病気を良くするには
涙を流したほうが、いいということが分かりました

==============================================================================

私はラグビー経験者で、ラグビー愛好家です

ラガーマンによく見られますが
試合前によく泣いている選手を見かけます

泣きながら花園のグラウンドに出ていきます
厳しい練習をされてきたと思います

その成果を出すために、試合前に思いっきり泣くことは
自分たちの力を思う存分に発揮できる手段だと、私は思います
円陣

試合前の報徳

泣くということは体にとって、とてもいい作用があることが分かりました

ラグビー治療院
http://www.ashiya-rolling.com
スポンサーサイト
12:41  |  健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://kouzushima.blog66.fc2.com/tb.php/799-b4b2b188

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |