FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

末梢血管を治療する

2014.09.19 (Fri)

(末梢血管)
アジャミさん平成26年9月5日リサイズ

この方に当てはまると思われる血管像です

kekkan_7[1]
変形には様々な種類がある

高脂血症のように、血液の質が悪い場合は
すべての微小循環が変形になることがある

食事の改善と運動が必要

kekkan_2[1]
ループ上の血管の下部にある静脈(横の血管)が濃く見える
これは、心臓に戻る力が弱くなっている証拠

kekkan_8[1]
組織の血流が悪くなっていると考えられる

小川三郎
(小川医学研究所・医学博士)

末梢血管像から将来
どのような病気が予測されるかを研究されました

言わば予測医学です
毛細血管像本

これらを下の写真
顕微鏡下にてテレビに写し観察します
血管美人

ローリング治療にて末梢血管を念入りに施術します
器具

このローリング器具にはマイナスイオンが発生しております
[広告] VPS


マイナスイオンが発生していない器具です
[広告] VPS


継続的にローリング治療されている方に
毛細血管の形状が正常に近づいて行く方がおられます
(かなりの日数は要ります)

完全と言える根拠はなく
食事療法、ストレスの回避、適度な運動も原因にあると思います

マイナスイオンの動画もUPしておりますが
マイナスイオンがどこまで効くかも分かりません

しかし、ローリング治療にて
いろいろな疾患で悩まれている方が

治癒に向かって症状が緩和しているのは確かです

(血流)
[広告] VPS


この動画だけでは難しいですが
血流も人それぞれであり

また同じ方の血管であっても
流れの速さがバラバラになっている方もおられます

全く白く見える所は白血球同志がくっ付き合っている
全く黒く見える所は赤血球同志がくっ付き合っている
異常な赤血球

また血流が滞り
少し逆流をし

再び流れて行くといった
完璧詰まっていると思える箇所もあります

もちろん全体ではなく
1mmの中に8~12本の毛細血管のうちの一本だったりですが

これが増えて来たら
少し怖い感じを抱く時もあります

(結論)
もちろん我々の医学にはエビデンスが付け難いです

しかしローリング治療にて末梢血管を治療する

小川三郎Drのお考えに繋がります

毛細血管の形状の正常化
滞りの無い血流


私のこれからの研究課題です

ラグビー治療院
http://www.ashiya-rolling.com
スポンサーサイト



19:48  |  健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://kouzushima.blog66.fc2.com/tb.php/801-9b427e04

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |