06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

治療で背が伸びる理由

2016.05.26 (Thu)

ローリング治療をすると
くすぐったい所や痛い所があります
協会

くすぐったい所、痛い所は
血液がうっ血して滞っている所

新鮮な栄養、酸素が送れず
酸欠状態となっている所と言われています

これは成人の運動不足
学生時代のクラブ活動をバリバリしていた頃と変わらなうカロリー摂取

またはストレスだらけの交感神経緊張状態
交感神経が緊張すれば赤血球、白血球はくっつき合いドロドロとなります

これらが理由に上げられます

これは良く分かります

ところが普段治療していると
子供たちは少しのローリングで必要以上にくすぐったがります

普通、小中高の子供たちに
運動不足のカロリーオーバーによる血液のうっ血などありません

では、なぜくすぐったがるのか?

私が考えているのは
子供たちは解糖系のエネルギー作用だからです

とくに解糖系の働きが顕著なのは胎児です

直径0、1mmの受精卵が10カ月後には
3kgの巨大な細胞の塊になります

相当速い分裂です

解糖系のエネルギーはいざ!と言う時の瞬発力
交感神経が優位となります

そのため成人と違った交感神経緊張状態
これが子供が必要以上にくすぐったがる理由と考えます

また、子供たちを治療していると
良くある事ですが

一回の施術で約2mm~3mmくらい身長が伸びる子供が多々います
(だいたい週に一回ペース、もっと伸びる子供もいます
もちろん伸びない子供もいます)

成人の我々の治療は
副交感神経を緊張させ血流を良くする事です

成人になるとミトコンドリア系のエネルギーが優位となります
酸素を十分とし深呼吸する行為は副交感神経反射です

酸欠状態となりドロドロ血液状態の所に
副交感神経を緊張させ十分な血液送る

これが成人の治療となります

では、子供は解糖系エネルギー
交感神経が優位な状態に副交感神経を優位にする治療で

なぜ、一回の治療で約2mm身長が伸びるのか?

ここで私が考えた事ですが

子供がくすぐったがる所は
大人のようにすぐすぐには取れません
(成人でもなかなか取れない人はいます)

私は今まで治療をすれば
副交感神経だけを緊張させると思っていました

人間は交感神経、副交感神経どちらも重要です
どちらも緊張する時は緊張しなければなりません

どちらも良いふうに緊張すると体に良い反応を示します
悪いふうに緊張すると体調不良や痛みとなって現れます

と言う事は

治療をする事により
交感神経も良いふうに緊張させている!

と言う事は

ほど良い治療をする事で
アスリートの試合前にも良い影響を与える!

試合前と言うのは闘争心むき出し
交感神経緊張状態です

また、こう言う事も言えます

交感神経を緊張させる事により背が伸びる
成長に関しての成長Hは交感神経支配

しかし、成長Hは成人してからも出ます
成人してからの成長Hは組織の修復に役立ちます

組織の修復に対しての成長Hは副交感神経支配
(もちろん子供の組織の修復にも役立ちます)

成長Hは子供の時には交感神経優位
成人してからは副交感神経優位

あくまで私の憶測ですが
こう言った事も言えると思います

そのため子供時代は
体をどんどん鍛えて交感神経を緊張させる事により

個人差はあると思いますが
成長につながるとも思います

ここまで私の考えで書かせて頂きました

結論ですが
ほど良い治療で交感神経を緊張させる事により

成長のお役に立てると思います

※身長の伸び具合には個人差があります
だいたい週に一度の割合で2mm位の方が目立ちます

また、身長の伸び具合は
これも私の経験上ですが

17~18歳くらいでだいたい止まります

また、これにも個人差はあります
大学生になってから伸びている者もいます

痛み、体調不良でお悩みの方
ぜひ、ご相談下さい!
     ↓
info@ashiya-rolling.com


ラグビー治療院Ⓡ
http://www.ashiya-rolling.com
スポンサーサイト
21:48  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://kouzushima.blog66.fc2.com/tb.php/892-62dfb128

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |