FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

左フランカーに要素のある恥骨炎

2016.07.12 (Tue)

左フランカーNO、6で気になった障害があり
記事にさせて頂きます

ラグビーにはフランカーと言うポジションがあります
左フランカーNO、6と右フランカーNO、7です

Rスクラム

左右フランカーですが
少し違った役割があります

相手ボールのスクラムの場合
相手のNO、8がサイドに攻撃をかける時

右サイドに攻撃をかけやすいです
左サイドにはSHがいてディフェンスが一人多いためです

NO、8は少しで前でポイントを作ろうと
ボールを持つと前に思いっきり突進します

この時、左フランカーNO、6がディフェンスに行き
少しでも前で潰そうとします

そのため相手NO、8がボールに触れると
少しでも早く前に出てタックルに行きます

この時に腹直筋、内転筋群が
ものすごい力で収縮
します

この時、付着部である恥骨が上下に引っ張られ
かなりのストレスがかかります

12kotuban07.gif

これの繰り返しにより
筋肉の付着部に炎症が起こり

恥骨炎となって行きます

もちろんサイドに攻撃をしかけたNO、8にも
恥骨にストレスはかかります

ところがNO、8は自分の意思で突進します
左フランカーNO、6は相手NO、8の意思に合わせます

自分の意思で動くのと
相手の意思に合わせて動くのでは

ストレスのかかり具合は
全く違います


また、BKのディフェンスも
少しでも早く前に出ようとしますが

この咄嗟の動きは
やはり左フランカーNO、6が一番強いられると思います

そのためラガーマンの恥骨炎は
左フランカーNO、6によく見られます

もちろん他のポジションでもありますが
私の経験上、やはり左フランカーNO、6に多いと思います

この治療ですが
少し触診しにくい所ですが

恥骨結合の少し外側に
米粒より小さい位の「しこり」を感じます

恥骨炎

この「しこり」を良性で
圧痛があり、指にはね返すような感覚があります

この圧痛、はね返す感覚は
血流がうっ血して慢性的炎症をおこしているためです

よってうっ血を取ってやる事で
圧痛、はね返しは消えて行きます

※急性的な炎症は
安静にしておくべきです

これが私が考える
ポジション別に考えた

左フランカーNO、6に要素のあるラグビー障害です

恥骨炎はNO、6にあるだけでなく
他のポジションにもあります

しかし、このように考えれば
やはりNO、6になる要素が一番多いと思います

以上ですが

ポジション別に考えたラグビー障害
研究して行きたいと思います

次はCTBで書きたいと思います

痛み、体調不良でお困りの方
ぜひ、ご相談下さい!
     ↓
info@ashiya-rolling.com


ラグビー治療院Ⓡ
http://www.ashiya-rolling.com
スポンサーサイト
20:49  |  ラグビー治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://kouzushima.blog66.fc2.com/tb.php/895-ace0b513

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |