07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

仙骨部におけるギックリ腰

2017.02.12 (Sun)

いわゆるギックリ腰

よく来院されますが
症状は様々です

よくおられますが
仙骨の上が痛いと言われる方がいます

正中仙稜と仙腸関節の間に電気のような痛みが走り
それから腰を動かそうとすると痛い!

仙骨の上に多裂筋があります

仙骨

【多裂筋の起始・停止】

(起始)

仙骨後面及び全腰椎乳様突起及び副突起、胸椎横突起、頚椎4~7の関節突起に付着。



(停止)

隣接する2~4椎骨上の棘突起に付着。



【多裂筋の主な働き】

脊椎を回旋する。脊椎を側屈する。脊椎を伸展する。

仙骨神経叢と言って
いろいろな神経が出ています

仙骨神経叢

この場合、痛いけどゆっくりなら動くと言うのが
急性の筋々膜性腰痛、いわゆるギックリ腰です

これは私の考えですが
何らかの原因で多裂筋が硬くなり

ちょっとした動作で多裂筋にズレや変形が生じ
これが仙骨から出ている神経に触れる

これがもし多裂筋などの筋肉ではなく
ヘルニアだとしたならば

ゆっくりなら動けると言うのではなく
軟骨が神経に触るため

ゆっくりどころか
激痛で少しも動かす事が出来ない
(ヘルニアにも症状は様々ですが)

こう言う違いがあります

症状を見極め
多裂筋にアプローチをかけて行きます

アプローチの仕方は指圧補助器と言う器具を使い
硬くなったり変形した多裂筋を確認して行きます
jhyh.jpg

この場合いろいろな「しこり」を感じます
抜本的に硬くなっているのではなく

米粒状や線状の「しこり」を感じます
それが一か所だけでなく

何か所かを感じる場合がほとんどです
nhhytfdrfhjhu_201702041737213a0.jpg

少し緩まったのを確認すると
全身のバランスを取ります

なぜ多裂筋が硬くなったり
変形するかですが

全体のバランスが崩れ
多裂筋一か所に無理な負担がかかり

その負担が多裂筋を硬くして
変形をももたらす

この一か所の負担は
人によってバラバラですが

私が考える仙骨部におけるギックリ腰の考えは
こう言う事です

言葉で書けば簡単のように見えますが
一回で劇的に治るものもあれば

やはり数回かかるものまでありますが
私はこの治療はギックリ腰の根本的治療と思っています

ギックリ腰や腰部の下
仙骨に痛みのある方

ぜひ、ご相談下さい!
     ↓
info@ashiya-rolling.com


ラグビー治療院
http://www.ashiya-rolling.com

480kakeru.jpg

芦屋ローリング健康センター
※水曜日は豊中院で施術しております
http://www.ashiya-rolling.com

器具
スポンサーサイト
19:22  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://kouzushima.blog66.fc2.com/tb.php/921-e625603d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |