FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

格闘家の治療

2018.07.21 (Sat)

総合格闘技の選手を治療しました

総合格闘技の方は前にも一度治療しましたが
今回の方と共通している所があります

(少しの圧で痛がる)


それはどこを治療しても
少しの圧で痛がると
言う事です

あれだけの格闘技をしているのだから
これ位の治療は何とも無いだろうと思います

試合になると少しくらい
殴られても蹴られても何とも無いと言われます

治療では少しの圧で痛い
殴られても蹴られても少し位では痛く無い!

と言う事は

(痛みのバランスが麻痺している)


痛みの具合が偏っている
痛みのバランスが偏っている


と言う事が言えます

(選手として良くない)


一旦選手としては良いふうに思えますが
私は治療をしていて決して良くないと思います

若い時は良いですが
年を取るにつれて体力は落ちます

(体と気持ちは比例する)


体と気持ちは比例します

体力が落ちると気持ちは落ちます
今まで痛くなかった打撃で痛くなると思えます

では、どうすれば良いか?

(痛がる所、うっ血を取る)


治療で痛がる所は「うっ血」です

この「うっ血」を丁寧に取ってやる!

(痛みの閾値は下がる)


そうする事で
痛みの閾値が下がります

打撃でも痛くない所がより
痛く無くなります

(総合格闘家の治療の基本)


治療ではやたらと痛がるのに
試合では痛くない!

これでは、いずれ早い段階で
体の破綻が訪れます


しかし、「うっ血」を取ってやる事で
痛みの閾値が下げてやる


こうする事で
選手寿命も延び

そして試合でも
少し位の打撃では痛くない!

これが総合格闘技の選手の
基本的な治療ではないか!
と思われます

総合格闘技の方で
ちょっとした事で痛がるのに

試合や練習では痛くない!

私はこれでは良くない!
選手寿命も短くなる!


総合格闘技の方を治療していて
私はこんな事を考えてしまいます

痛み、体調不良でお悩みの方
ぜひ、ご相談下さい!
     ↓
info@ashiya-rolling.com


ローリング健康センター
芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com

roller_ion_all.jpg

ラグビー治療院
芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com

ラグビー治療院 芦屋院・豊中院
スポンサーサイト



20:56  |  スポーツ障害  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://kouzushima.blog66.fc2.com/tb.php/980-80fb2595

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |