FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

肩こりは万病の元

2018.08.27 (Mon)

私が柔道整復師の学校に行っていた時
講師で来ていたDrにいわれた言葉ですが

肩こりの人ってあれ患者ですか?

その時はDrのいう事を聞いとかなければ!とも思いましたが
それから30年近くが経とうとしていて私が感じる事ですが

(辛いものは辛いです)


十分に患者さん!」という事です

肩こりがひどくなって
来院される患者さんを診ていると

肩局所のみに関わらず
体全身の筋肉が硬くなっています

そうなると必ず姿勢が悪くなり
血流が悪くなり筋肉の代謝が悪くなる事により

筋肉が活性しなくなります

筋肉に力が入れにくくなり
すると筋力が落ちて行きます

すると必ず体は
前に倒れて行く姿勢になります

いわゆる猫背です

(猫背になると)


すると肺、気管、心臓、胃など
重要な組織に圧迫がかかります

そうなると大腸や小腸が下垂して行きます
もちろん膀胱や腎臓にも負担がかかり

正常な機能がしにくくなって行きます

kjjgtffdff.jpg

また腰が内臓をかばおうとして
筋肉が硬くなります

腰の姿勢も悪くなり
また神経も圧迫されやすくなります

(股間節や膝にも負担)


股関節や膝にも
負担がかかって来ると思われます

ただこれらはいきなり悪くなるのではなく
時間をかけて少しずつ負担がかかって行き

いずれ体調不良から痛みになって行、
機能的疾患から器質的疾患になって行くと思われます

これが私が30年以上
この仕事をして来て感じている

肩こりについての感性です

(全身を診る)


要は肩こりといって
局所だけを診るのではなく

体全身の状態を診るという事が
重要と考えています

kjhgffguuuhhhj_201808271811327a9.jpg

「なぜ東洋医学と西洋医学が一緒になれないのか?」
と私に説いてくれたDrもいます

このDrは病気や怪我のみにとらわれず
患者さん自信を診ている感性豊かなDrと思います

(患者さんのオーダーメイド)


これからの医学は、
患者さんが治療方針を選択出来る時代です

肩こりといっても
本当に悩んでおられる方も多々います

患者さんの体全身の状態をよく診て
そして治療をして行く!

これがこれからの医学ではないかと考えています

痛み、体調不良でお悩みの方
ぜひ、ご相談下さい!
     ↓
nfo@ashiya-rolling.com


ローリング健康センター
芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com

roller_ion_all.jpg
スポンサーサイト
18:23  |  健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://kouzushima.blog66.fc2.com/tb.php/984-7cee2712

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |