05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

今後のラグビー選手の首

2018.06.14 (Thu)

ラグビー選手の首と言う題材ですが
今後、ラグビー選手の頚部は「こうなるだろう」と

私が考えている事を書きます

ラグビーはタックルをします
この時、首を突き上げます

この際、頚椎が圧迫され
椎間孔が狭くなり頚椎が詰まったように感じます

アメリカンフットボールもタックルをしますが
アメリカンのタックルは飛び込みます

頭からタックルに行くため
ラグビーのタックルとは少し違って来ると思います

次にタックルをするスポーツ
レスリングがタックルをします

レスリング選手がラグビーに来て
タックルの指導をすると聞いています

レスリング選手を治療すると
首痛をよく言われます

この時レスリングは
頚部の頭板状筋、胸鎖乳突筋、僧帽筋など

横側に痛みを訴えられます
頚部

ラグビー選手の場合は下部頚椎
頚椎のつまりや圧迫感を言われる方が多いです

レスリング選手に聞くと
タックルをする際「首を取りに行く!」

ラグビー選手にも聞きましたが
レスリング選手の方がタックルに関しては上手い!

首を取りに行くとは
相手のバランスを崩しに行くと思いますが

ラグビー選手にこの技術を取り入れると
もっともっとタックルの精度が上がる

今後はこう言うふうに
下部頚椎の圧迫感だけでなく

頚部の横側にも
痛みを訴えるラガーマンが出て来ると思います

レスリング選手のタックルは
190センチの大きなラガーマンも簡単に倒すと聞いております

技術的な事は私にも分かりませんが
もっと首を取りに行くタックルをすれば

タックルの精度は上がる!

治療しながら
この辺の事も指導出来れば

私自信も治療をしながら
楽しくなると思います

ラガーマンの頚椎の治療をしております
nhytyyuuuuujjj.jpg

同じくラガーマンの治療ですが
頭部を治療しています

頚部だけでなく
周りも良くほぐして行きます
nhhggffgh.jpg

もちろん頚部だけでなく
肩部もほぐした方が全体的に

良くほぐれます
nhhyhgggh.jpg

痛み、体調不良でお悩みの方
ぜひ、ご相談下さい!
      ↓
info@ashiya-rolling.com


ラグビー治療院
芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com


ラグビー治療院 芦屋院・豊中院

ローリング治療院
芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com


roller_ion_all.jpg
18:50  |  ラグビー治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

体のポンプ、第2の心臓

2018.06.14 (Thu)

「ふくらはぎ」を第2の心臓と呼ばれますが
私は「ハムストリングス」の方を第2の心臓と言います

肉離れⅢ試合前の治療

あるDrの本で点滴をしようとしたけど
薬が体の中に入りにくかったようです

看護師に「ふくらはぎ」を揉ますと
薬が簡単に入っていったそうです

そのため「ふくらはぎ」を第2の心臓とも呼ばれますが
それもあるとは思うんですが

ハムストリングス(大腿部後面)をほぐした方が
背部から腰部がよく解れるように感じます

もちろん「ふくらはぎ」に血流を送ると
全身の血流が良くなるようにも感じます

しかしこの感覚は
ハムストリングスにも十分にあります

そのため私は第2の心臓を
ハムストリングスに例えます

そしてハムストリングスは
体のポンプの役割もしているように思えます

ハムストリングスをほぐすと
体全身に血液を送っているように思えます

これらの事を意識して
私はハムストリングスの治療に当たっています

痛み、体調不良でお悩みの方
ぜひ、ご相談下さい!
      ↓
info@ashiya-rolling.com


ローリング治療院
芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com

roller_ion_all.jpg

ラグビー治療院
芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com

ラグビー治療院 芦屋院・豊中院
13:09  |  健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

肉離れ予防

2018.06.12 (Tue)

総合格闘技の方を治療しました

なぜか分かりませんが
大腿二頭筋(ハムストリングス)が硬く

つまっていると言う状態でした
決して張っている!と言う感じではありませんでした

私の考えですが
こう言った時の大腿二頭筋の血液の流れは

赤血球同士がくっつき合い
白血球同士がくっつき合い

いわゆるドロドロ血液状態となり
酸素や栄養素が上手く供給出来ていないと思います

※前回もUPした写真で何度もすみません
異常な赤血球

この状態を放っておくと
筋肉に酸素が上手く供給出来ないため

酸欠状態になると思います

そして、どうしようも出来なくなると
酸素を筋肉に送ろうとする人間の防御反応が働き

プチッ!と言う礫音とともに
肉離れが発生すると思います

その時、赤血球はバラバラになり
酸素は供給出来るようになりますが

筋肉の部分断裂を招き
非常につらい痛みを伴います

そうならないため大腿二頭筋がつまっていたり
違和感をかっじた時点で治療していると

私はかなりの予防になると考えています
肉離れⅢ試合前の治療

今回総合格闘技の方に大腿二頭筋に
このような事を感じました

この方は日曜日に試合があるそうです
試合前、もう一度治療に来られます

試合で大腿二頭筋に違和感など感じず
120%の力で試合が出来るよう

私も必死で施術しようと思っております

痛み、体調不良でお悩みの方
ぜひ、ご相談下さい!
     ↓
info@ashiya-rolling.com


ラグビー治療院
芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com

ラグビー治療院 芦屋院・豊中院

ローリング健康センター
芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com

roller_ion_all.jpg
20:47  |  芦屋・豊中の治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

不定愁訴

2018.06.11 (Mon)

どこと指摘出来ないけど痛みがある方
慢性的な体調不良の続く方


これらの方は血液が正常な役割をしていない
新鮮な酸素、栄養素を各組織、器官、臓器に十分供給出来ていない

これらの血液はドロドロ血液となっています
このドロドロ血液は交感神経緊張状態です

異常な赤血球

ドロドロ血液とは
瞬発力を必要とする解糖系(酸素を必要としない)の反応です

いざ危険を察知すると
瞬間的にその場から逃避します

この時にドロドロ血液が必要です

そのためドロドロ血液がすべて悪いわけではなく
場合によってはドロドロ血液も必要なのです

しかし、ドロドロ血液では
各組織、器官、臓器に新鮮な酸素、栄養素が十分送れません

各組織、器官、臓器にストレスを与え続けます

この状態が慢性的に続けば
何らかの体調不良を招くと私は考えます

逆にサラサラ血液とは
副交感神経反射のミトコンドリア系(酸素を必要とする)の反応です

普段はサラサラ血液
いざと言う危険を感じた時にはドロドロ血液

こうならなければなりませんが

何らかのストレスが持続的にかかると
普段からドロドロ血液状態になっています

そして各組織、器官、臓器にストレスを与え続けます

この事が

どこと指摘出来ないけど痛みが続く
慢性的な体調不良が続く


これらの一つの原因と考えます

どこと指摘出来ないけど痛みが続く!
慢性的な体調不良が続く!

ぜひ、ご相談下さい!
       ↓
info@ashiya-rolling.com


ローリング健康センター
芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com

roller_ion_all.jpg

ラグビー治療院
芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com

ラグビー治療院 芦屋院・豊中院
19:10  |  体調不良  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

オープン戦帯同

2018.06.10 (Sun)

大阪教育大学ー関西学院大学
オープン戦に行って来ました

選手をお一人治療しました
病院ではグローインペインと診断されておられます

私の見立てですが内転筋の付け根
やや大腿内側に入った所に圧痛がありました

グローインペインと言うよりも
大腿内転筋痛と言った感じかな!と思いました

nhhgtfg_201806100729144fb.jpg

nhhgggfgg_20180610072915575.jpg

グロインペインの特徴ですが
こじらすと鼡径部に圧痛のある「しこり」が何箇所も出て来ます

これを一つ一つ丁寧に治療して行きますが
この方の場合は一箇所だけの圧痛でした

まだ、こじらすまでは行っていない!
そのため治療として比較的やりや易かったと思いました

まず「しこり」を緩めて行き
そして股間節の開きを良くします

そして全体的体を緩めます

すると「しこり」は緩み
圧痛も軽減しています

治療前の圧痛は
指のはね返す痛みを伴った圧痛ですが

治療後は指にはね返す感覚も軽減しており
圧痛もかなり軽減しております

jhggffgyhyj_201806100729209c8.jpg

これはグローインペインに限らずですが
痛みが出る前には必ず違和感を感じます

その違和感が出て来ると
必ず指にはね返す痛みを伴った「しこり」が発生しています

その時点で治療していると
こじらすような事はまずありません

違和感のある時点で医療機関に訪れること
これを指導させて頂きました

jhggghhj_201806100729337ec.jpg

jjhgghhujjuj_20180610072917e5e.jpg

また現場(グラウンド)には出来るだけ
行くように思っております

現場に出ると
必ず色々と良い思いが出来ます

今後ともよろしくお願い致します

痛み、体調不良でお悩みの方
ぜひ、ご相談下さい!
      ↓
info@ashiya-rolling.com


ラグビー治療院
芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com

ラグビー治療院 芦屋院・豊中院

07:52  |  ラグビー治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
PREV  | HOME |  NEXT